iOS 8.3公開、IIJmioでもVoLTEは使えました

4/9早朝、AppleからiPhone・iPad用の新しいiOSが公開されました。様々な修正が行われているようですが、今回の目玉はiPhoneでのVoLTE対応です。

VoLTEは、LTEを使った新しい音声通話の方式です。従来はLTEでデータ通信を行っている最中に電話を使おうとすると、一時的に3Gに切り替わって通話を行っていましたが、VoLTEに対応することでLTEで通信を行ったまま通話も行えるようになりました。また、VoLTE対応のスマートフォン同士など、一定の条件を満たすと従来の電話よりも高音質で通話が行えます。

IIJmioの音声通話対応SIM「みおふぉん」でも、対応のスマートフォンを利用していればVoLTEで通話できることは、以前のIIJmio meetingでご紹介しました。そのときは対応機種はAndroidスマートフォンのみだったのですが、今回のiOSアップデートに伴いiPhone 6/6PlusでもVoLTEが利用できるようになったのです。

IIJでも早速対応機種のアップデートを行い、iPhoneでも「みおふぉん」のSIMでVoLTEが使えることを確認しました

また、従来機種を含めてiOS 8.3にアップデートしたiPhone・iPadでデータ通信などに大きな問題が無いことも確認しています。安心してアップデートを行ってください。(この記事末尾に動作確認表を掲載しています)

iPhone 6/6PlusでVoLTEを使う場合はここをチェック

VoLTEの対応機種は4/9現在iPhone 6/6Plusのみです。iPhone 5s/5cなど旧機種ではiOS 8.3にアップデートしてもVoLTEは利用できません。対応機種をお持ちの方は次の点をチェックしてください。

1. iOS 8.3にアップデートする

iOSバージョン
iOSバージョン

iPhoneの設定画面やiTunesから最新のiOSへアップデートを行ってください。現在のiOSのバージョンは「設定」→「一般」→「情報」から確認できます。

2. キャリア設定を「ドコモ 19.1」にアップデートする

アップデート通知
アップデート通知

VoLTEを使うためにはバージョン情報の「キャリア」が「ドコモ 19.1」以上になっている必要があります。写真のような通知が表示された場合、ここで「アップデート」をタップすると最新バージョンへアップデートが行われます。

3. 「LTE回線を使用」で「音声通話およびデータ」を選択

LTE回線を使用
LTE回線を使用

「設定」→「モバイルデータ通信」→「LTE回線を使用」の項目が、「音声通話およびデータ」になっているか確認してください。「音声通話およびデータ」を選ぶと、VoLTEが有効になります。「データ通信のみ」を選ぶと通話は従来方式(3G)を使います。


※iOS・キャリア設定のバージョンは記事執筆時点のものです。

LTEマーク
LTEマーク

上記の1~3がクリアできていれば、電話をかけるだけでVoLTEが使われます。通話中に画面の左上を見たときに「LTE」のマークが出ていれば、VoLTEが使われています。(VoLTEが使えない場合、通話中は3Gと表示されます)

VoLTEにまつわる疑問を解決

いくつか気になる点があるかと思いますので、以下にまとめておきます。

  • VoLTEで通話した場合も通話料金は通常通り(20円/30秒)です。
    ファミリー通話割引の20%引きも通常通り適用されます。
  • VoLTE利用分はデータ通信量に計算されません。
    高速通信状態でもクーポンは消費しません。また、クーポンOFF時の366MB/3日規制の計算対象にもなりません。
  • VoLTEの通話音質はクーポンON/OFFに影響されません。
  • VoLTEの高音質通話が利用できるのは、IIJmio・docomoのVoLTEスマートフォン(iPhone・Android)同士がLTEエリア内で通話したときのみです。
    他社のVoLTE対応スマートフォンと通話した場合は通常音質になります。

みおふぉんダイアルとiPhoneのVoLTEの併用について (4/9 20:10追記)

この件について状況に変化がありました。「再追記」をご覧ください

VoLTEを有効にしたiPhoneから、みおふぉんダイアルで発信を行うと、VoLTEで発信を開始しますが、途中で3Gに切り替わってしまいます。3Gで通話は行えますが、呼び出し開始までに非常に長い時間がかかります。

みおふぉんダイアルを常用される方は、VoLTEを無効(「LTE回線を使用」を「データ通信のみ」に設定)にする方がご利用しやすいかと思われます。

みおふぉんダイアルに限らず、プレフィクスを使う他のサービスでも同様の動作になるようです。また、IIJmioの音声通話SIMではなくdocomoのSIMを使用した場合でも、プレフィクスを使うサービスではVoLTEで発信できないことを確認しています。

みおふぉんダイアルとiPhoneのVoLTEの併用について再追記 (6/15 18:00追記)

2015.06.15現在、上記の現象は発生しないことを確認しました。VoLTEを有効にしたiPhoneから、みおふぉんダイヤルで発信を行った際に、途中で3Gに切り替わる現象は発生しません。また、呼び出しの遅延もありません。(VoLTEですが、高音質通話にはなりません)

iPhone用のみおふぉんダイアルアプリは現在提供準備中です。恐れ入りますがもうしばらくお待ちください。

アプリを使わなくても、電話番号の先頭に「0037-691」をつけることで割引が適用されます。

(6/15 18:00追記)iPhone用みおふぉんダイアルアプリの提供を開始しました。

なお、VoLTE対応AndroidスマートフォンではVoLTEとみおふぉんダイアルを併用できることを確認しています。(VoLTEで発信できますが、通常の音質となります)

iOS 8.3 iPhone・iPad全機種動作確認

iOS 8.3に対応した全機種で動作を確認しました。iPhone 6/6Plusについては、LTEでの接続が安定するようになったようです。

iPhone

機種 iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s iPhone 5c iPhone 5 iPhone 4s
型番 A1586 A1524 A1453 A1456 A1429(GSM) A1387
種別 SIMフリー版
docomo版
SIMフリー版
SIMカードタイプ nanoSIM nanoSIM nanoSIM nanoSIM nanoSIM microSIM
OS iOS 8.3 (12F70) iOS 8.3 (12F70) iOS 8.3 (12F70) iOS 8.3 (12F70) iOS 8.3 (12F70) iOS 8.3 (12F70)
キャリア設定 ドコモ 19.1 ドコモ 19.1 ドコモ 19.1 ドコモ 19.1 Carrier 19.0 Carrier 19.0
3Gでの通信 ※1 ※1
LTEでの通信 ※1 ※1 未対応
VoLTEでの通話 未対応 未対応 未対応 未対応
キャリア名の表示
アンテナピクトの表示 ※4 ※4 ※4 ※4
テザリング
プッシュ通知(APNs)

iPhone 6/6 Plus/5s/5cについて

iPhone 6/6 Plus/5s/5cでは、設定画面からAPNの設定を行う事ができません。Wi-Fiなどでインターネットに接続してAPN構成プロファイルをインストールすることで、APNの設定を行う事ができます。

VoLTEでの通話について

VoLTEで通話できるのはLTEエリア内に限定されます。対応エリア外では自動的に3Gの音声通話に切り替わります。VoLTEを有効にするには、「設定」→「モバイルデータ通信」→「LTE回線を使用」をタップして「音声通話およびデータ」を選択してください。

iPad

機種 iPad mini 3 iPad Air 2 iPad mini 2 iPad Air iPad 4 iPad mini iPad 3 iPad 2
型番 A1600 A1567 A1490 A1475 A1460 A1455 A1430 A1396
種別 SIMフリー版 ※7 SIMフリー版
docomo版
SIMフリー版
SIMカードタイプ nanoSIM nanoSIM nanoSIM nanoSIM microSIM nanoSIM microSIM microSIM
OS iOS 8.3 (12F69) iOS 8.3 (12F69) iOS 8.3 (12F69) iOS 8.3 (12F69) iOS 8.3 (12F69) iOS 8.3 (12F69) iOS 8.3 (12F69) iOS 8.3 (12F69)
キャリア設定 ドコモ 19.0 ドコモ 19.0 ドコモ 19.0 ドコモ 19.0 ドコモ 19.0 ドコモ 19.0 ドコモ 19.0 ドコモ 19.0
3Gでの通信 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1
LTEでの通信 ※1 ※1 ※1 ※1 ※2 ※2 未対応※6 未対応
キャリア名の表示 ※3
アンテナピクトの表示 ※4
テザリング ※5 ※5 ※5 ※5 ※5 ※5 ※5 未対応
プッシュ通知(APNs)

iPad mini Retinaの名称変更

いままで「iPad mini Retina」と呼ばれていた製品は、2014年10月発表の「iPad mini 3」に合わせて、Appleでの製品名が「iPad mini 2」に変更されました。てくろぐでもそれに従い「iPad mini 2」に表記を変更しています。

iPadでのAPNの設定について

iPadではAPNの設定が「モバイルデータ通信」「LTE設定」「インターネット共有」の最大三つ表示されます。APN構成プロファイルで設定可能なのは「モバイルデータ通信」のみのため、APN構成プロファイルをインストールした上で、手動で「LTE設定」「インターネット共有」にAPNを入力してください。

  • ※1: データ通信専用SIMでは、通信ができるようになるまでに非常に時間がかかることがあります。
  • ※2: SMS対応SIM・音声通話対応SIM(みおふぉん)を利用すると、LTEで通信ができます。データ通信専用SIMではLTEで通信できません。
  • ※3: SMS対応SIM・音声通話対応SIM(みおふぉん)を利用すると、キャリア名が表示されます。データ通信専用SIMではキャリア名が表示されません。
  • ※4: SMS対応SIM・音声通話対応SIM(みおふぉん)を利用すると、アンテナピクトが表示されます。データ通信専用SIMではアンテナピクトが正しく表示されません。
  • ※5: APN構成プロファイルをインストールすると、テザリングが設定可能になります。
  • ※6: iPad 3は、本体に組み込まれている通信モジュールが、国内のLTE網で利用されている周波数に対応していないため、LTEでの通信は行えません。
  • ※7: docomo版iPad Air 2/iPad mini 3はまだ入手できていないため、検証を行っていません。

おことわり

記事執筆時点の実験結果です

この記事でお知らせする内容に限らず、Apple社の製品はiOSのアップデートによって挙動が変わってしまうことが度々発生しています。また、あるiOSで実現していた動作が、想定通りの挙動なのか、想定外の挙動(バグ)なのか、明確ではありません。今回、記事執筆時点で入手できる最新のiOSを用いて実験を行いましたが、今後のiOSのアップデートでもこの挙動が維持されるかどうかは不明です。あくまで記事執筆時点での実験結果としてご覧下さい。

iPhone・iPadのSIMロックについて

SoftBank・auから発売されているiPhone・iPad

SIMロックを解除することができないため、IIJmioのSIMでは利用できません。

docomoから発売されているiPhone・iPad

IIJmioのSIMで利用できます。SIMロックを解除する必要はありません。

SIMフリー版iPhone・iPad

日本の「技術基準適合認定」マークが表示されるものは利用可能です。

技術基準適合マークがないiPhone・iPadは、動作確認を行っていません。

iPadは3Gモデル(LTEモデル・4Gモデル)を利用しています

Wi-Fi専用モデルではSIMカードを利用した通信は行えません。

動作の改善について

各種iOSデバイスについて、「○○の動作を△△して欲しい」というご要望を頂く事があります。IIJでは以前よりApple社に対して情報提供を続けていますが、それぞれの件がiOSに反映されるかどうかの返答は受け取っていません。今後iOSの更新がどのように行われるかはIIJではわかりかねます。

Comments are closed.